ファイザーワクチン6箇月追跡論文から作成

接種群
(約2万人)
プラセボ群
(約2万人)
宣伝されてる
有効率
新型コロナ 陽性
(全期間)
1311034
陽性
(2回目接種7日後から2箇月)
1231296.2%
重症
(severe)
13096.7%
あらゆる有害事象(病気、副反応含む)
(2回目接種1箇月後まで)
総数66173048
重症
(severe)
262150
生命の危機
(life-threatening)
2126
全死因死者15
(内コロナ肺炎1)
14
(内コロナ2)

注1:
 
本論文の目的はワクチンの有効性や安全性評価についてであり、
副反応発生率や死亡率について何ら結論を出すものでは無い。
注2:
 
「あらゆる有害事象」での「重症者」は、皆が人口呼吸器やICU利用というわけでは無い。
麻痺や皮膚関連他、様々な症状があるので。
注3:
 
「あらゆる有害事象」はワクチンと関連性があると認められなかったものも含む。
ワクチン接種後の深刻(serious)な有害事象で関連性を認められたのは3件のみ。
文献: https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.07.28.21261159v1
(本文だけでなく、Supplementary Material も参照のこと)


さらに……

米国の被害の10分の1の日本で治験したら、
こんな感じになるんじゃないか?

接種群
(約2万人)
プラセボ群
(約2万人)
新型コロナ 陽性131103
重症
(severe)
13

単に1000倍して、2000万人に接種したときとしないときをコロナ以外の重症者も含めて予想。

接種群
(約2000万人)
非接種群
(約2000万人)
新型コロナ 陽性
(全期間)
13万103万
陽性
(2回目接種7日後から2箇月)
1万31万
重症
(severe)
10003万
あらゆる有害事象(病気、副反応含む)
(2回目接種1箇月後まで)
総数662万305万
重症
(severe)
26万15万

2000万人(10代〜20代の半数程度)に接種したときとしないときを

1. 接種群は全項目1000倍、非接種群の人数も1000倍
2. 6ヶ月の新規陽性者100万人あたり1万人
3. 重症化率を 10代 0.01%、20代 0.03%

として予想。(プラセボの有害事象は、年齢が高いと多くなると予想されるので行ごと除外)

接種群
(約2000万人)
非接種群
(約2000万人)
新型コロナ 陽性
(全期間)
13万20万
陽性
(2回目接種7日後から2箇月)
1万7万
重症
(severe)
100040